トップ > 救命救急(心肺蘇生法・AEDの使い方)

心肺蘇生法・AEDの使い方|救命救急

心肺蘇生法

1.意識を確認する。

2.救急車の要請およびAEDを現場に届けてもらうよう協力を求める。

3.気道確保(空気の通る道をつくる)。
気道確保

4.呼吸の確認。
呼吸の確認

5.呼吸がなければ人工呼吸2回。(人工呼吸を行うことができなければ省略可)
人工呼吸

6.心臓マッサージ30回。
心臓マッサージ

上記5、6を2分間(5サイクル)行い、1、4を確認し、状態が変わらなければ5、6をさらに2分間繰り返します。これを救急車が到着するまで繰り返します。

AEDの使い方

AEDの操作手順は、すべて機械が音声メッセージを出してガイドしますので、音声メッセージのとおりに行えば一般の人でも簡単に操作ができます。

1.電源を入れる
電源を入れる

2.パッドを貼(は)る。
パッドを貼る
パッドを貼る場所は、パッドに図で表示されているので、それにしたがって患者に貼り付けましょう。
なお、電気を使用しますので、感電防止のために皮膚が濡(ぬ)れていないことを確認しましょう。

3.コネクターを指定された場所に差し込む。
機械が心電図を解析し、心室細動(心臓の痙攣(けいれん))を検出すると、自動的に充電します。

4.放電ボタンを押す。
放電ボタンを押す
充電が完了すると、「放電してください」との音声メッセージが流れるので、それにしたがって、放電ボタンを押しましょう。このとき必ず自分と周りの人も離れ、患者に触れないようにしましょう。