トップ > 災害に備える(住宅用火災警報器の設置について)

住宅用火災警報器の設置について|災害に備える

住宅用火災警報器の設置はお済みですか?

住宅用火災警報器とは?
火災により発生する煙や熱を感知して音声や警報で知らせるものです
煙式感知器
煙式感知器
(煙を感知し火災を知らせます)
熱式感知器
熱式感知器
(熱を感知し火災を知らせます)
住宅用火災警報器はいつから設置しなければならないのですか?
平戸市では、平成21年6月1日から設置が義務化されています。
どのような効果があるのですか?
住宅用火災警報器は火災の早期発見に有効であり、火災警報器による奏効事例も多く報告されています。まだ設置されてないご家庭につきましては早急に設置いたしましょう。
部屋のどこに設置すればいいのですか?
「寝室として使用してる部屋」や寝室が2階以上にある場合には、その避難経路にあたる「階段」の天井か壁に設置します。

住宅用火災警報器の設置例図

住宅用火災警報器の設置例図
寝室に設置しなければならない理由
住宅火災による死者は就寝時間に多く発生しており、就寝していたことにより火災の発見がおそくなり、逃げ遅れる危険性が高いため設置するものです。
悪質な訪問販売等に注意してください!
すべての住宅に設置が義務付けられ、「点検も義務付けられている」など、消防職員のような服を着て販売したりします。消防署が販売することは決してありませんので、訪問販売等により安易に購入しないよう十分ご注意下さい。(販売者の身分等を確認する)